LOGINFREE TRIAL

Blog

journalOct 31, 2019
[Vol 34] 歩み寄る努力

[Vol 34] 歩み寄る努力

いつもお世話になっております。SparkDojo代表のLeoこと、村重です。 毎月末に、SparkDojoをより深く知って頂くためのアップデートやアントレプレナーシップ、グローバルトピックに関連するような内容を発信しています。 ーー
blogOct 1, 2019
自信を持って英語での電話会議に挑むためのポイントとすぐ使えるフレーズ

自信を持って英語での電話会議に挑むためのポイントとすぐ使えるフレーズ

海外のお客様やチームメンバーとの仕事に欠かせないのが英語での電話会議。しかし、相手が見えない上に複数人で実施することが多い電話会議は難易度が高いコミュニケーションです。そこで、今回は自信を持って英語での電話会議に挑むためのポイントとすぐ使えるフレーズを紹介します。
journalSep 30, 2019
[Journal - Vol 33] かっこいい大人?

[Journal - Vol 33] かっこいい大人?

いつもお世話になっております。SparkDojo代表のLeoこと、村重です。 毎月末に、SparkDojoをより深く知って頂くためのアップデートやアントレプレナーシップ、グローバルトピックに関連するような内容を発信しています。 ーー
blogSep 20, 2019
明日から使える英語でのプレゼンTIPS 基本編

明日から使える英語でのプレゼンTIPS 基本編

英語でのプレゼンテーションでは通常、情報以上に考えや想いを伝える「メッセージ」が大切になります。情報共有やちょっとした示唆はレポートや報告書を通じて行われることが多く、プレゼンテーションは企画や提案・ピッチなどの場となります。すなわち、メッセージを磨くことが良い英語のプレゼンとパッとしない英語のプレゼンの差になります。ということでそのメッセージをどう磨くかを「英語でのプレゼンTIPS基本編」として紹介させていただきます。 メッセージは簡単に言うと「何らかのアクションにつながる主張」です。例:We believe in XYZ so we need to prepare for ABC (XYZと考えられるのでABCに対応する必要があります)。英語でのプレゼンテーションの場ではこの主張が重要なので、情報だけ羅列して最後に少し付け加えるくらいではメッセージ力が足りません。プレゼンの場を使ってリスナーに何を伝えてどんなアクションを起こすのかを検討した上で、一文でメッセージを言える必要があります。
blogSep 17, 2019
「英語を使う機会がない」が言い訳でしかない5つの理由

「英語を使う機会がない」が言い訳でしかない5つの理由

「英語上達の近道は、使う機会を増やすこと」 英語を勉強している人なら、これまで耳が痛くなるほどこのフレーズを聞いたことでしょう。そしてそう言われるたびに「そんなこと言っても、これ以上どうすればいいんだ…」と思った方も少なくないはず。 ただ、実は考え方と工夫次第で英語を使う機会はいくらでも増やすことができます。今回はそんな”忙しい”皆さんのために、今すぐにでもできる英語を使う機会を増やす方法をお教えします!
blogSep 3, 2019
会話をつなげる「質問力」とは

会話をつなげる「質問力」とは

初対面の相手と話していて、がんばって話題を提供するも相手の反応がいまいちで、自分ひとり空回りしてどんどん気まずい雰囲気になる経験は誰しも一度はあるのでは? これは相手ではなく、自分が何を話すかにばかり向いている証拠で、「もっと盛り上がる話題はないか」「自分の話し方が悪かったんじゃないか」などと考えを巡らせてしまいます。 もちろんこうした考え方も間違ってはいないのですが、コミュニケーションのうまい人ほど話すことよりも聞く事に力を注ぎ、相手に”話させる”ことに長けています。 この相手に聞く力こそ、質問力です。 質問力が高ければ初対面の相手でも会話がはずみ関係性を作りやすくなります。これはプライベート、ビジネスのシーン両方において大切なスキルで、また日本語でも応用が利くのでぜひ習得しておきたい能力です。 今回はそんな質問力について解説しましょう。